ドラゴンクエストウォーク

リアルおみやげプロジェクト 第三弾 福岡県 「東雲堂」 | ドラゴンクエストウォーク

東雲堂

リアルおみやげプロジェクトとは

「ドラゴンクエストウォーク」では、ゲーム内の「ランドマーク」と呼ばれる場所に実際に訪れることで特別なクエストを受注することができ、クリアすることで「おみやげ」と呼ばれるゲーム内アイテムを取得することができます。
今回、その「おみやげ」を実際に作って再現していこうというプロジェクトが「リアルおみやげプロジェクト」です。

「東雲堂」さんと共同開発したスライムにわかせんぺい

東雲堂と共同開発した「スライムにわかせんぺい」。
115年の歴史上はじめて二〇加煎餅のカタチが変わりました。
「スライム」と「にわか」を融合させるべくフォルムの調整を行い、1枚1枚手押しでスライムの目を焼印を使用して命を吹き込んでいます。

二〇加煎餅らしさを残しつつ制作された特別パッケージ仕様

表面はスライムがにわか面をつけたキュートなイラストを採用。裏面を二〇加煎餅の意匠を活かしたデザインに仕上げることで、コラボならではのパッケージとなっています。

「東雲堂」さんと共同開発したスライムにわかせんぺい

ゲーム内のランドマークである福岡PayPayドームに行くことでもらえる「おみやげ(にわかなお面スライム)」が着けているお面をリアルに再現。リバーシブルタイプを採用して、楽しみが広がります。

スライムにわかせんぺい 商品情報

商品名:スライムにわかせんぺい
内容量:二○加煎餅 特大×3枚入
売価:756円(税込)
【期間限定販売】
発売日:2021年6月18日(金)~9月30日(木)
原材料名:砂糖、小麦粉、鶏卵/膨張剤
特定原材料:卵、小麦粉
  • おまけで「お面」が1枚付いています
【ご購入いただける店舗一覧】
東雲堂 本社売店 【住所】福岡県福岡市博多区吉塚6-10-16
【アクセス】JR鹿児島本線吉塚駅下車徒歩3分
東雲堂 博多駅マイング店 【住所】福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
【アクセス】JR博多駅構内
東雲堂 博多駅デイトス店 【住所】福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
【アクセス】JR博多駅構内
東雲堂
本社:〒812-0041 福岡県福岡市博多区吉塚6丁目10番16号
電話:092(611)2750
設立:1960年12月(創業明治39年)
資本金:1,000万円
売上高:1億6000万円(2021年9月)
従業員:25名
にわかせんぺいの発売は明治39年(1906年)。創業115年。
竹屋から饅頭屋に商売替えをしたのが東雲堂のはじまりです。
福岡は筑後平野の上質な小麦粉があったことや、長崎から砂糖を調達することも容易だったことから菓子作りには適した土地柄でした。
当時は博多駅前の三角形の敷地に乗客の待合所として商売を開始いたしました。
「三角屋」の名前で呼ばれ、その頃としては面白い建物として好奇の目を集めておりました。
博多駅の駅長より博多らしいお土産が作れないかと相談をうけ、作られたのが「にわかせんぺい」です。
福岡市指定無形民俗文化財として長い歴史と伝統を持つ博多の郷土芸能「博多仁和加」とは「ぼてかずら」に「にわか面」と呼ばれるお面を着けて行われる即興笑劇です。
博多らしさとは何だろうかと考えた弊舗初代はこの「にわか面」をモチーフに考案創製し、以来115年伝統製法を守りカタチを変えずに作り続けてきました。
カタチを変える
今回のスライムにわかせんぺいのようにカタチを変えたのは初めての試みでした。
弊社の理念はひとびとに笑みをはこぶお菓子をつくることです。
お客様に喜んでもらえるように、「スライム」と「にわか」を融合させるべくフォルムの調整を行いました。
生地の配合もスライム特有のアタマの端までいきわたるようにしなければなりません。
配合は春夏秋冬、晴れ、雨、くもりと季節や気温に応じて微妙に変化させています。
また、1枚1枚手押しにてスライムの目を押印し命を吹き込んでいきます。
パッケージはドラゴンクエストウォークと弊社の昔ながらのデザインを融合させて作成しました。おまけのお面もリバーシルタイプを採用し楽しみの幅が広がるようにしています。