ドラゴンクエストウォーク

十万石 「10万ゴールドまんじゅう」 - リアルおみやげプロジェクト 第二弾 埼玉県 | ドラゴンクエストウォーク

十万石

  • 各店舗でのご購入は、開店時間より販売開始予定です。営業時間につきましては、十万石のサイトをご確認ください
  • オンラインでのご購入は、2022年6月18日(土)10:00より販売開始予定です
  • 詳しくはページ下部の「商品情報」および十万石のサイトをご確認ください

リアルおみやげプロジェクトとは

スマートフォン向けゲーム「ドラゴンクエストウォーク」では、ゲーム内の「ランドマーク」と呼ばれる場所に実際に訪れることで特別なクエストを受注することができ、クリアすることで「おみやげ」と呼ばれるゲーム内アイテムを取得することができます。
その「おみやげ」を実際に作って再現していこうというプロジェクトが「リアルおみやげプロジェクト」です。

プロモーション映像

「十万石」さんと共同開発した10万ゴールドまんじゅう

埼玉県行田市で長きにわたり菓子文化を見つめ続けている「十万石」と共同開発した「10万ゴールドまんじゅう」。
ゲーム内のランドマークであるベルーナドームに行くことでもらえる「おみやげ(白いまんじゅう)」をリアルに再現。

“うまい うますぎる”でおなじみの特別パッケージ仕様

10万ゴールドまんじゅうの描きおろしパッケージデザインは、十万石まんじゅうの代名詞ともいえる「うまい、うますぎる」とスライムたちが語ります。
歴史ある「十万石」と「ドラゴンクエスト」の世界観が見事に融合したデザインにもご注目ください。

10万ゴールドまんじゅう 商品情報

商品名:10万ゴールドまんじゅう
内容量:5個入(スライムタワー ×1個、10万G ×4個)
売価:780円(税込)
【期間限定販売】
発売日:2021年6月13日(日)~8月31日(火)
【数量限定で追加販売決定!】
発売日:2022年6月18日(土)~無くなり次第終了
原材料名:砂糖(国内製造)、小豆、山芋(つくね芋)、上新粉、小麦粉/膨脹剤、加工でん粉、(一部に山芋・小麦を含む)
【ご購入いただける店舗一覧】
十万石 行田本店 【住所】埼玉県行田市行田20-15
【アクセス】県道128号線沿い
十万石 熊谷店 【住所】埼玉県熊谷市肥塚2-1-6
【アクセス】第2北大通り コープそば
十万石 アリオ深谷店 【住所】埼玉県深谷市上柴町西4-2-14
【アクセス】アリオ深谷 1F
十万石 水城公園店 【住所】埼玉県行田市天満8-21
【アクセス】市役所通り水城公園入口
十万石 鴻巣店 【住所】埼玉県鴻巣市東3-7-9 柏木建設ビル 1F
【アクセス】免許センター通り保健所前
十万石 鶴ヶ島若葉店 【住所】埼玉県鶴ヶ島市富士見2-5-28
【アクセス】ジョナサン隣
十万石 三芳店 【住所】埼玉県三芳町藤久保122-9
【アクセス】アクロスプラザ三芳店向かい
十万石 マルイ志木店 【住所】埼玉県志木市本町5-26-1
【アクセス】2F銘店街
十万石 イオンタウンふじみ野店 【住所】埼玉県ふじみ野市福岡2-1-6
【アクセス】イオンタウンふじみ野 1F
十万石 春日部店 【住所】埼玉県春日部市中央7-6-11
【アクセス】保健衛生センター向かい
十万石 東浦和店 【住所】埼玉県さいたま市緑区東浦和 2-22-4
【アクセス】ローソン東浦和2丁目店隣
十万石 イオンレイクタウン店 【住所】埼玉県越谷市レイクタウン3-1-1
【アクセス】イオンレイクタウンmori 1F
十万石 イオンモール上尾店 【住所】埼玉県上尾市愛宕3-8-1
【アクセス】イオンモール上尾 1F
十万石 浦和コルソ店 【住所】埼玉県さいたま市浦和区高砂1-12-1
【アクセス】浦和コルソ店地下 1F
十万石 そごう大宮店 【住所】さいたま市大宮区桜木町1-6
【アクセス】そごう大宮店地下 1Fエブリディ
十万石
十万石営業本部:〒361-0023 埼玉県行田市長野2-27-28
電話:048(556)1275
創業:1952年(昭和27年)4月
資本金:4,000万円
十万石は、菓子文化の息吹に常に磨きをかけながら、守るべき本物の味にこだわって参りました。
十万石でなければ提供できない美味しさを追求することが、十万石の存在意義と自負いたしております。

埼玉県行田市の地に、かつて築かれた忍城(おしじょう)の城下で作る忍米(おしまい)は、非常に美味しいと有名でした。その米の形をイメージした白いおまんじゅうに、忍藩の石高「十万石」を焼印し、「十万石まんじゅう」と命名しました。
お気づきでしょうか。しっとりした皮から、ほんのり「山芋」の香りがすることを。厳選大和芋「つくね芋」を毎朝すりおろし、新潟県産コシヒカリの粉を使った薯蕷皮です。厳選の北海道十勝産小豆の自家炊きこしあんとは絶妙な組み合わせです。

十万石まんじゅうのパッケージの「まんじゅう姫」は、忍城のお姫様がいらしたら、十万石まんじゅうを召し上がり、きっと、「うまい、(行田名物にしておくには)うますぎる」とおっしゃるだろうと、世界的板画家故棟方志功先生が描いてくださったものです。
「うまい、うますぎる」のフレーズで、埼玉県民の皆様に親しんでいただいております。